2009年08月16日

いつもと違う場所で瞑想してみる

20090815庭.jpgお盆だ、ということで、数日間、実家に帰っていた訳ですが。

近頃、起床してしばらくしてから、朝の瞑想をすることにしています。
それが、実家に泊まった翌日、いつものようにやろうとすると、すごーくやりにくいんですねぇ。

一人暮らしが長いので、そもそも、他者がいる状況に慣れていないのが一番の理由だと思います。
どうも、自分以外の人がいると、「呑み込まれて」しまいやすい性質で、今それをFES・インディアンピンクでなんとかしようとしているんです。
その課題がくっきりと提示されたように感じます。

そして、もうひとつの理由。
私の母は、ガーデニングという言葉が流行るずっとずっと前から、花を育てるのが大好きな人で、写真は実家の庭の一部です。
私は普段、街中に住んでいて、こんなに植物たち……それも、住まいの特定の人から惜しみない愛情を常に注がれている、大地に根付いた、沢山の植物……に囲まれている、という状況そのものに、多分あまり慣れていないのです。

いつもやる瞑想は、まず大地と繋がるところから始めるのですが、それをやろうとすると、先に植物のエネルギーの方が一斉にざわざわと来て、全然集中できない。

人の気と、植物の気。そして引いては、それらを内包する家と土地の気。

もう、参ったなぁ、という感じでした。
やりにくくてやりにくくて。

でも、その「触手を伸ばして来られて、入り込まれ、点検される感覚」にオープンでいると、結果的には繋がるのがずっと早いんですよねぇ。

一応、私も育った家なんですけどね(苦笑)。


そんな訳で、一日目は大変苦労したのでした。
二日目の朝はもう、大丈夫でした^^

なるほど、こんなにも違うものなのか、と、良い経験になりました。


フィンドホーンやセドナ等に行ってみたいんですが、こういう体験をいくつかしておいた後で行けば、せずに行くよりずっと楽しいかもしれませんね^^



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村




ラベル:植物 瞑想
【関連する記事】
posted by 六花(りっか) at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。