2009年09月01日

ローズウッド

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
10日 月齢11.73 十三宵月

KIN41 赤い月の竜
「月の」:挑戦、極性を与える、安定させる/「赤い竜」:誕生、育む、存在
「私は 育むために 極性を与える
 存在を 安定させながら
 挑戦という 月の音とともに
 私は 誕生の入力を 確信する
 私は 空間の力に 導かれる」




ローズウッドは、私のお気に入り3本に入る精油です揺れるハート

樹木の精油なのに、バラのような香りがする。
その香りは、もちろん「バラの"ような"」でしかなくて、ローズ精油の「昇天する」ような「華やかさ」「高らか」「高揚感」の感じはありません。
ローズウッドの香りは、もう少し落ち着いていて、温かみがあり、やはり樹木の精油だなぁと感じるものですかわいい

樹木の香りといえばニンツリーの記事でも少し触れましたが、「天と地を繋ぎ、グラウンディングさせてくれる」という働きが特徴的です。
サンダルウッドやシダーウッドほど、その特徴が前面に出ているわけではないように感じる精油ではありますが、「落ち着き」「温かみ」などは、やはり樹木精油のサトルアロマ的特長も併せ持つ結果かなぁと思ったりもします。

私、実はローズの香りは苦手なんですよねあせあせ(飛び散る汗)
なので、自分自身で使うときには、ローズウッドかゼラニウムを使うほうが多いのです。

ローズといえば美肌効果や、女性らしさで(ローズでリラックスできるのも、女性が本来の女性らしさに立ち返れたり、女性としての自分の存在を肯定できるからではないかと、私は思っているのですが)とっても人気がありますね。
が、その陰で、私のように「ローズが苦手」という人は、実は結構いたりもします。
そういう人に、ゼラニウムやローズウッドを勧めると喜ばれることがとても多いですぴかぴか(新しい)

ローズウッドといえば、「心はリラックス、身体は元気」。心がリラックスする精油の場合、たいてい身体もリラックスしてしまうのですが、ローズウッドの場合は、心がリラックスしても身体はリフレッシュしてくれる。
忙しくて、そうおっとりと休んではいられない現代人の、強い味方ですかわいい
そして、禁忌がほぼありません

という、これほど使い勝手のいい精油はない、というのも、素敵な特徴のひとつ揺れるハート
なので、マンダリンと合わせて、周囲の方にプレゼントするときや、友人などから「最初の一本」を尋ねられたときなどに挙げることの多い精油でもあります。

ただ、ローズウッドの精油を採るために環境破壊が進むという話もあり、実際に取り扱いを止めたメーカーもありますね。

そんなローズウッドですが、riccaオススメの1本であることに変わりはありませんぴかぴか(新しい)
精油はどれも、環境と繋がった、貴重で純粋なものですが、特に環境問題にも繋がるローズウッド、安価であろうと、大切に大切に、その恩恵に感謝して、使っていきたいものですねかわいい



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村
posted by 六花(りっか) at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。