2009年09月28日

水星逆行、明けます。やりたいことをやりましょう。

黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
9日 月齢9.37 十日夜月

KIN68 黄色い電気の星
「電気の」:奉仕、活性化する、繋ぐ/「黄色い星」:気品、美しくする、芸術
「私は 美しくするために 活性化する
 芸術を つなぎながら
 奉仕という 電気の音とともに
 私は 気品の蓄積を 確信する
 私は 自由意志の力に 導かれる」




さあexclamation
やっと水星逆行が終わりますexclamation

太陽や月、ASCなどが乙女座の皆様、お疲れ様でした。

そして、今回は特に、どうも水星逆行の影響が強かったようですので、他の皆様方もお疲れ様でした。

私自身も、本当に水星逆行らしい期間を過ごしたなぁと思います。特に初期がそうだったかなぁ……。
保留や停滞の感じも強かったし(きっと私自身も他の方にそう感じさせていたでしょうし)、これがあければさぞや気持ちの良いことだろう、と思います。


ところで、イリゼさんの記事に深く賛成です。

私自身は、「嫉妬」の中身についてはちょっと違う感触があるのですが(もう少し広いというか)、「嫉妬」という言葉にこだわらず、「他者を非難したくなるとき」という意味では大きく頷けますね。
(「批評は難しい」にも、ものすごく賛成です…)

人間、自分の目の前のことに本当に集中しているときには、他人をくさす暇など無いものです。

と、言いつつも、お仕事などだとナカナカそうもいかないこともありますね。
ままならない(と感じてしまう)ことも多いですし。

だから、本当にそれだけ集中しようと思ったら、やはり「やりたいことをやる」のに限るのだと思います。
一日24時間、全てが「やりたいこと」でなくても良いのです。
ただ、少しでも良いから、情熱を注ぎ込めることに注力する時間を持つ。
それだけで、多分ものすごく世界が変わっていくのだと思います。

多分、それをできないと思う理由の代表格は「時間」と「お金」なのだと思います。
確かにお金は大切です。
でも、お金を稼ぐのには、健康が大切。これは皆さん知ってますよね。
その「健康」は、心も、身体も、どちらも含むのです。心が不健康なら、身体も健康を損なっていくでしょう。

非難したい気持ちに満ちた時間ほど、自分を傷付けるものはありません。
そしてまた、喜びに満ちた時間ほど、自分を慰め力づけるものもありません。

幸せや健康は、そういう風にも作っていくことができます。

大切なのは、始めの一歩。
ゼロとイチが、これほど大きなこともないでしょう。

せっかく水星逆行も明けることですし、「そういえば、これがずっとやってみたかった」ということに、少しでも良いから手をつけてみてはいかがでしょうか。



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村



ラベル:占星術
posted by 六花(りっか) at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。