2009年10月08日

乗りかかる圧

台風ですね。

こちら京都は、台風の中心は夜中〜未明に過ぎ去ったようでして、少なくとも私の生活にはあまり影響がありません。
東の方の方々は今日1日大変でしょう。
なるべく影響少なく過ごすことができるよう、お祈りしております。


さて、昨日は大雨の中、コンタクトに行って参りました。
昨日は土台になる人と上から乗る人とのカウンター・バランス。
「壊れ易い構造物」だと見立てて、重心を見極め、そっと乗って行く、というものです。

上に乗るときは、土台の柱を見極め、圧をかける方向性を確認して、乗りかかっていく。結構怖いんですよ(苦笑)。でも、意外に乗れるから不思議です。
土台になるときには、上からくる圧に対してカウンター・バランスをやる訳ですね。土台になったときのほうが、上のひとがきちんと乗れていることが分かり易い!というのは大きな発見でした。
これ、トリートメントと同じですから!(カウンターはやりませんが。)
施術への大きな示唆となりそうです☆


最近、座学や落ち着いた読書がしにくいです。
体が、動くこと、実践することを求めているみたい。
パワー有り余ってる?!(爆)

そんな訳で、もう少しまとめてお伝えできることを書ければ良いんですが、なかなか出来ず…。申し訳ないです。

ヨガでも再開しようかと思う、今日このごろ。
あ、ヨガって良いですよ〜!ダイエットにも効果的ですし♪



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村


黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
19日 月齢19.37 更待月

KIN78 白い宇宙の鏡
「宇宙の」:存在、持ちこたえる、超える/「白い鏡」:果てしなさ、映し出す、秩序
「私は 映し出すために 持ちこたえる
 秩序を 超えながら
 存在という 宇宙の音とともに
 私は 果てしなさ(無限)のマトリックスを 確信する
 私は スピリットの力に 導かれる」



posted by 六花(りっか) at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。