2009年10月15日

「平和」を願うから、「醜悪」を見る。

20091015絵画.jpg



Amebaブログ記事からの転載です。
*昨日のAmeba記事の中で、オーラソーマお好きな方コチラもどうぞ〜*


本題。
mixiでマイミクさんが紹介されていたのが非常に興味深かったので、ご紹介。


*ただし、お勧めではありません(笑)




画家さんです。


ズジスワフ・ベクシンスキー Zdzisław Beksiński


そのマイミクさんの文章を引用。


>[3回見たら呪い殺される絵]の画家、と某掲示板等で評される事も。
>[滅びの画家]、[退廃と終焉の画家]、[グロテスクの象徴]
>そんな表現が頻々と出てくる。
>そんな画家です。


オフィシャルサイトURLはhttp://www.beksinski.pl/


名前でイメージググるか、オフィシャルサイトに行ってみてください。



私は、世界が平和になるように全人類に真の安寧が訪れるように、と願う者ですし、それは可能だと本気で思ってます。

レノンが歌ったように、人は私を「Dreamer」と言うかもしれない。

でも、それでも、絶対に可能なのです。可能だと思いたい、とかじゃなくて、真理なんです。


だからこその、「愛の3K運動」参加であり、現実に立脚したスピリチュアルであり、アロマを中心に、ホリスティックに人間を見るヒーリングなんです。


そして……


そう願い、行動するからこそ、上に挙げた画家の描く世界を、いつも心に持っているのだと思います。

……もちろん、卵と鶏、どちらが先かは、最早分かりませんが……。



だから、私には、この画家の作品が、醜悪には見えませんでした。

よく知っている、既知の馴染んだもの、という感じ。



ここから目を逸らしてはいけない


目を逸らしてしまったときにこそ、世界平和と人類の安寧を願う心は、「単なる楽観主義」「夢想家」或は「偽善」に成り下がるのだと思います。



私にとっては大事なコトなので書いてみました。



何か感じることがありましたら、ぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ホリスティック医療



黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
26日 月齢26.37 有明月

KIN85 赤い共振の蛇
「共振の」:調律、チャネルを合わす、呼び起こす/「赤い蛇」:生命力、生き残らせる、本能
「私は 生き残らせるために チャネルを合わす
 本能を 呼び起こしながら
 調律という 共振の音とともに
 私は 生命力の蓄積を 確信する
 私は 銀河活性化の門 私に入りなさい」


ラベル:思想
posted by 六花(りっか) at 12:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

ヨガ再開

ヨガを再開しています。

私はどうも、スタジオというものが苦手で、もっぱら自宅DVDです。
ホントは、体のことは何でも、きちんと指導者のいる場所で学んだ方が良いんですけどね……。
何度か近くのヨガスタジオに行ってみたんですけど、どーもね、ダメなんですよ。そこが合わないというよりも、大人数レッスンがダメみたい。マンツーマンから2、3人までくらいなら、良いのかもしれないですけど…。

一昨年に数ヶ月間、がっつり毎日1時間くらい、自宅でヨガをやってました。
そのときは、私が本気でスピリチュアルなことを集中して学んでいた時期の中で、その一環として「動く瞑想」をしたかったんですね。

で、それは良かった。
その上、なんとダイエットできてしまった(爆)

あのときの驚きは忘れません(笑)


そんな訳で、今回は、「動く瞑想」4割、ダイエット目的6割って感じの再開です(笑)。


私と同じく、
「ヨガってやってみたいけど、スタジオに行くのはちょっと…」
とか、
「スタジオ通いするお金もないし…」
という方にお勧めなのは、コレ。

ヨガで美しく.jpg


ヨガで美しく Vol.2 (エイムック (1161))というDVD付きムックです。
他にもCDやDVDなどいくつか当たりましたが、結局これに帰ってきてしまいます。

ご参考になれば幸いです〜かわいい

私のダイエット成功を、祈ってて下さいっexclamation(笑)



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ホリスティック医療


黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
25日 月齢25.37 二十六夜月

KIN84 黄色い律動の種
「律動の」:平等、組織する、つり合わせる/「黄色い種」:開花、目指す、気づき
「私は 目指すために 組織する
 気づきを つり合わせながら
 平等という 律動の音とともに
 私は 開花の入力を 確信する
 私は 二倍になった自分自身の力に 導かれる」

posted by 六花(りっか) at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

「熟成の週」と、お知らせふたつ

20091010夕暮れ.jpg


今日から、コズミック・ダイアリーの「黄色の週」、つまり「熟成の週」に入りました。

今月のテーマは「How can I best serve?」。
このテーマを熟成させて行く週です。

皆様はいかがでしたか?


私は……どうだったかなぁ…。
振り返ってみれば、テーマの言葉から来る「外向きな」イメージとは裏腹に、内に内に入っていった月だった気がします。
それがどう熟成されるのか、いや、熟成させていくのか。

んんー…でも「熟成」って、私の中では、「勝手に進んでいくもの」という感じがする言葉です。

こつんこつんと色々頭をぶつけながらも、自分なりにやったことが、水面下でゆっくりと何かに結実するというような。

それはもう、自分に内在する力に任せちゃって良い気がしたりします。



と、内省的な記事になっていますが、二つお知らせ〜*

ひとつは、25日上賀茂手づくり市、当選しましたexclamation
準備ができれば、リフレクソロジーもメニューに入れようかと検討していますかわいい
また、天然石アクセサリーも出品するかもexclamation&question
上賀茂手づくり市ファンの皆様、お楽しみにexclamation


もうひとつは、アメーバの方でもブログを作りましたぴかぴか(新しい)
こちらです。
アメーバの仕組みに全然慣れていなくって、まだまだ全然整っていないんですが…たらーっ(汗)

成り行きでとりあえず作ってしまったので、どう住み分けるか考え中なんですが、今考えている方向性としては。
かわいいスピリチュアル系コアな話題はあちらに、こちらではもっとクリニカルなアロマや身体、精神の話を。
かわいい私自身の日常雑記的なことや思うこと(今日みたいな・笑)はあちらに、こちらではもう少しパブリックでカタい話(?)を。
かわいいこちらは、日に1回だけ更新、と決めているのですが、あちらは気分次第でもっと不定期でも良いかなぁ〜?
みたいな感じ?に考えています〜

ま、私は1人しかいないので、そう綺麗に切り分けられる訳ではないんですが(笑)

パワーストーン作品なんかは重複すると思いますが、あちらの方がより沢山情報が載る可能性大ですひらめき
なので、そんなお話が好きな方は、あちらもどうぞチェックしてみてくださいね〜るんるん

後でサイドバーにもリンクを貼っておきまーす


そんな感じ。まだまだ試行錯誤は続きます。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ホリスティック医療


黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
22日 月齢22.37 下弦の月

KIN81 赤い電気の竜
「電気の」:奉仕、活性化する、つなぐ/「赤い竜」:誕生、育む、存在
「私は 育むために 活性化する
 存在を つなぎながら
 奉仕という 電気の音とともに
 私は 誕生の入力を 確信する
 私は 生命力の力に導かれる」

posted by 六花(りっか) at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

長岡京ソングライン、終了しました。

黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
15日 月齢15.37 満月

KIN74 白い太陽の魔法使い
「太陽の」:意志、脈動させる、実感する/「白い魔法使い」:永遠、魅惑する、受容性
「私は 魅惑するために 脈動させる
 受容性を 実感しながら
 意志という 太陽の音とともに
 私は 永遠の出力を 確信する
 私は 心(ハート)の力に 導かれる」




20091004長岡京ソングライン小のコピー.jpg



行ってきました、長岡京ソングライン。
連日の雨でどうなることかと思っていましたが、昨日からよく晴れて、直射日光は辛いくらいの晴天かわいい

暑い中、脚を運んで下さった皆様に感謝です揺れるハート

今回が2度目だという、このフェスタ。
私はもちろん初めてで、どんな感じかとドキドキしながら行きました。

結果。
すごい楽しかったですよーexclamation×2るんるん

主催者側の方々の熱い意気込みも伝わってくるし、生ライブがずーっと聴けるのも良かったし。
いつもの上賀茂手づくり市とはまた全然違うから、どうなることかと思ってましたが、良い方に違って幸せでした^^かわいい

私が「フリーマーケット&手づくり市エリア」にいたせいかもしれませんが、ご家族連れの方がとっても多いのが、いつもの上賀茂手づくり市と違っていて、新鮮でしたぴかぴか(新しい)



いつもお世話になっている、NPO法人スウィングさんのブースに遊びに行かせていただいたら、take5さんにお会いできました^^とても気さくな良い方でしたるんるん
スウィングさんのカメラいっぱい撮ったので、許可が得られたら、「20091004@長岡天神・スウィングさん特集」を組みますね(笑)



ところで、個人的には、詩人であるchoriさんが出演されていたのに、驚くやら嬉しいやら!
といっても、全然面識も何もない方なんですが、以前に谷川俊太郎氏を迎えて若手詩人たちがポエトリーリーディングをやる、という企画を観に(聴きに?)行ったときに、choriさんの作品が一番印象に残っていたんですね。
私のブースはステージから一番遠いところにあったので、全然見えていなかったんですが、
「あ〜…何か、choriさんっぽい感じの人が出てるなぁ……」
なんて思っていたら、ご本人でした(笑)。
彼の詩とパフォーマンスに再び触れることができて、とてもラッキーでしたるんるん

その後お見かけして、勇気を振り絞って話しかけようとしたら、お知り合いの方がちょうどいらした様子だったので退散。残念やらほっとするやら(笑)。
またチャンスがあれば、聴きにいきたいものです。



そんなこんなで、ちょっと色々、興奮冷めやらぬ、といった感じ。
満月の夜です。お財布ふりましょうねー^^(笑)


面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村
ラベル:イベント
posted by 六花(りっか) at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

怖れとゆるし 〜自分で自分にストレスをかけるメカニズム

黄色い自己存在の種の年 電気の月 
(奉仕/活性化する/つなぐ 「How can I best serve?」)
5日 月齢5.37 夕月

KIN64 黄色い水晶の種
「水晶の」:協力、捧げる、普遍化する/「黄色い種」:開花、目指す、気づき
「私は 目指すために 捧げる
 気づきを 普遍化しながら
 協力という 水晶の音とともに
 私は 開花の入力を 確信する
 私は 知性の力に 導かれる
 私は 銀河の活性化の正門 私に入りなさい」




いつも、尊敬しながら読ませて頂いている代替医療師Vanillaさんのブログの記事に、大きく頷けるところがありました。

ACIM(A Course In Miracles/奇跡のコース)を源とする潮流の中で、今大きく言われているのは、「愛と怖れ」ということだと思います。

マザー・テレサは、愛の反対は無関心だと言った。
今や、愛の反対は怖れだ。

と、どこかで読んだ記憶があります。
刺激的な言葉です。

この、怖れを生むのが、「マインド(エゴ)」。
そして、怖れを解放するキィワードは「ゆるし」ということです。


怖れは、ジャッジ(Judgement/判断、審判、裁き)を創り出します。
この、ジャッジに当たるのが、たとえばVanillaさんの書かれている

「成長しなくては ならない というルールはないのです

 自分の選択で 成長しようと 思うのは 素晴らしいことですし

 頑張って どんどん努力する姿は 素敵ですわ 


 でも、同じように 他の人も そうあらねばならないかというと

 そうではない 

 ここが 一番の注意点でしょうか

『私はこれだけ頑張っているのに あの人は

 これさえ やらない (または できない)』」


こういう心の動き。


さて、ここで、こう思った本人が「裁いて」いるのは、誰でしょう?
「こえさえやらない(またはできない)あの人」?

いいえ、裁かれているのは本人自身なのです。

なぜなら、世界は、自分が見ているようなもの、でしかない存在だからです。
自分が、「人とはこう在るべきものだ」と考えている、そのようにしか在り得ないのが、世界です。

この、「人とはこう在るべき」の「人」は、自分も他者も含みますね。
たとえば上の例でいうなら、「成長し続けなくてはならないもの」と考えていれば、自分も他者もそうでなければいけません。

しかし……「こうで在らねばならない」というmust、shouldの思考(エゴ/マインド)は、「そうで在らなければ、良くないことが起きるのではないか」という「怖れ」から出ているものです。

人の数だけ怖れがあり、怖れの数だけ裁きがある。

その、自分の内面にある怖れに従って、人は自分を裁き、「こうで在らねば幸せにはなれないぞ!」と自分自身を脅し、「こうで在れなかったから、こんな不幸せな結果になってしまった」と自分自身を虐め、そうしてどんどん自己否定していってしまう。

もしくは、その負のスパイラルに入らずにいられるとしたら……「こう在らねばならない」を、「完璧に遂行出来ている自分」でいられて、尚かつ「そのお陰で、ようやく、不幸ではない状態になれている」と考えている場合ですね。

いずれの場合にしても、キツイです。
素のままの自分はダメだ、という発想に基づいているから。


そんな自分が、世界に自分を投影して見ている訳ですね。
だから、他者にイラッとくるとき、裁かれているのは、他者ではなく、「在るべき姿」でいられない自分自身なのです。


いかがでしょうか。


ここから先はもちろん、その人それぞれの選択だと思います。

ただ、ひとつ言えるのは、そこまで自分をいじめ追い詰めなくても、ここに生まれたという時点で既に、私達は許されているし、幸せなのだということです。

そしてまた、何も目指さなくても、あるいはここに留まりたいと切実に願ったとしても、人は必ず、移り変わっていくのです。
「成長」は必要なく、ただ「変容」があるのみなのだと思います。

ほんの少しコントロールの手を緩めジャッジを手放すことで、驚くほど自分自身が穏やかになり、人生の重みを心地よい軽いものと感じ、また周りのものすべてに感謝の想いと微笑みが湧き出るかもしれません。
そしてまた、それに伴って、周囲の人もきっと同じように変わっていくことでしょう。



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村
posted by 六花(りっか) at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ペイ・フォワード

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
16日 月齢17.73 寝待月

KIN47 青い銀河の手
「銀河の」:完全性、調和させる、かたどる/「青い手」:遂行、知る、癒し
「私は 知るために 調和させる
 癒しを かたどりながら
 完全性という 銀河の音とともに
 私は 遂行の蓄積を 確信する
 私は 魔術の力に 導かれる」



20090907ペイ・フォワード.jpg



ペイ・フォワード を観ました。
11歳の少年が、「世界を変える」という社会科の課題に取り組み、「Pay it Forward(次へ渡す)」という方法を考え、それがアメリカ中に広まる、という話。


「Pay it Forward」とは、まず、1人が3人の人に善いことを渡します。その人が何に悩み困っているのか、悲しんでいるのかをよく観察して、「物を修理するのではなく、人を修理する(fix)」のだ、と言います。

それを受けた人は、また次の3人に「恩を渡す」(Pay it "Back"ではなく、Pay it "Forward")。
それが広がっていけば、世界は変わるのではないか。

しかし、世の中には、馴染んだ生活が変わることを怖れる人々もいるのだ、と少年は言います。
皆が、「世界が変わる」のを喜ぶのではない、と。
実際に、自分自身は失敗したのだ、とも彼は言います。

ただ、諦めてはいけない、可能性を信じることだ、というのが彼の主張です。



こういう映画を観ると、いつも私の脳内に流れるのは、ジョン・レノンの「Imagine」です。
You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one.
というフレーズ。

それでいくと私はものすごく「Dreamer」です。何か、世界が平和で豊かになる方法があると、その可能性はあると、信じています。何の疑いもなく。

この映画は、その具体的な方法を、ひとつ提示してくれました。

また、一説に依れば、自分をスタートに知り合いを辿っていくと、なんと5人目には世界中の誰にでも行き着けると言います。
実際、私の場合、間に2人挟むだけで、なんと広末涼子さんに行き着けます(笑)。


世界というと、茫漠としてリアリティが少ないのですが、そういう人間関係の網の目そのものが世界なのだと思えば、世界とはなんと密度高く狭いんでしょう。


もし良ければ、どうぞ見てみてください!


ところで、映画としては、私はラストはあまり気に入らないのですが(苦笑)、ケビン・スペイシーがさすが!です。また、なんとジョン・ボン・ジョヴィが出ています(笑)。びっくりしたわ〜もう。
主役の少年も良い味出してます。

そんな意味でも、お勧め♪




面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村
ラベル:映画 感想
posted by 六花(りっか) at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

アバンダンティア・アバンダンス・レイと、満月のお財布フリフリ

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
15日 月齢16.73 居待月

KIN46 白い共振の世界の橋渡し
「共振の」:調律、チャネルを合わす、呼び起こす/「白い世界の橋渡し」:死、等しくする、機会
「私は 等しくするためにチャネルを合わす
 機会を 呼び起こしながら
 調律という 共振の音とともに
 私は 死の蓄積を 確信する
 私は 果てしなさ(無限)の力に 導かれる」




20090906(ブログ用)神楽坂飾り.jpg



アバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューンメントは、実は結構前に受けています。

私が受けたものは、アファメーションを毎日3度唱えることを推奨しているものです。
が、どうしても習慣つかないのですね。

最近、私の中で、「豊かさ」というテーマにフォーカスが当たってきていて、それこそ一時は「再びアバンダンス・プログラムに挑戦するか?!」と思っていたくらいなのですが、プログラムはちょっと止めておいた方が良い気がして手を出していません。

その代わりに、アチューンメントのアファメーションをやってみようと、復活させてみました。

けれど、どうしても、自分の中に入って来ない、覚えられない。

これは恐らく、私自身の中で、「豊かさ」というものの理解が熟成されていないせいなのだろうな、と思います。

それで最近、「豊かさ」について、思いを巡らすことが多いのです。


ところで、豊かさといえば、「満月のお財布フリフリ」もそうですよね(笑い)。
それで、ちょうど太陽星座なのもあることだし、魚座の満月のフリフリでは、今まで試していないことを取り入れてみました。

すると、今までは取り立ててはっきりしなかった満月効果でしたが、今回はいきなり効果が出ている気が……かわいい

じらすつもりはないのですが、ちょっと次の満月まで様子を見てみて、確信できたら、またその「方法」をアップしますねるんるん

報告を忘れていたら、ごめんなさい(苦笑)。
誰かせっついてくださーい!


面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村


posted by 六花(りっか) at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

サロン初日でした☆

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
12日 月齢13.73 十五夜

KIN43 青い自己存在の夜
「自己存在の」:形、明らかにする、測る/「青い夜」:豊かさ、夢見る、直観
「私は 夢見るために 明らかにする
 直観を 測りながら
 形という 自己存在の音とともに
 私は 豊かさの入力を 確信する
 私は 銀河の活性化の正門
 私に入りなさい」




という訳で、オープンでしたぴかぴか(新しい)
ぱちぱち〜るんるん

といっても、サロンでの予約はなく、夜に出張が一件(笑)。
良いんです。焦らず着実に一歩ずつ。これが今の私の立ち位置だということなんですしね♪


とは言いつつ、何人もの方から、お祝いメールなどいただきました!
とても胸に染み入ります。ありがたいことですね、本当に揺れるハート

そしてそして、仲良くして頂いている、La Pierreさんからは、お祝いの品ということで、水晶クラスターを頂いてしまいましたexclamationぴかぴか(新しい)

またこれが、ビンビン来るもので、もうなんともはや……。すごいんですよ、本当に!

今は早速、「我が家の主」と呼んでいるアメジストポイントに、クラスターのポイントを一斉に向けて、お互いに繋がってもらっています♪
そして、先日の手づくり市のときにLa Pierreさんで購入させていただいたクリソコラのブレスレットを、クラスターに置いて浄化&チャージ中。
やはり、出元の同じ石同士は、違う石よりもしっくり合いますね♪

静かに始まった活動ですが、こうしてしっとりと「豊かさ」を噛み締められる初日になって、私としては満足です^^


サロンで事務系仕事(?)をしていたんですが、いろいろアイディアも出てきたので、またどんどんアップしていきますね♪



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村


ラベル:豊かさ サロン
posted by 六花(りっか) at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

明日からオープンです。

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
11日 月齢12.73 小望月

KIN42 白い電気の嵐
「電気の」:奉仕、活性化、つなぐ/「白い嵐」:スピリット、伝える、呼吸
「私は 伝えるために 活性化する
 呼吸を つなぎながら
 奉仕という 電気の音とともに
 私は スピリットの入力を 確信する
 私は 死の力に 導かれる」



20090830後楽園蓮.jpg


明日からいよいよ、サロンオープンです。
どきどきします(苦笑)。

「戸が笑う」という言い方があるそうです。
良い気を持ち、繁盛しているお店は、戸の前に立っただけ、或は戸を開けただけで、すぐに分かる。
そしてそれが、よりお客さまを呼び寄せる、と。

繁盛とかはともかくとして、「戸が笑っている」サロンにしたいです。
そして、私自身が「戸の笑っている人」になりたいです。

だから、どきどきしたり、不安になったりしている場合じゃないのだ!(笑)


アバンダンティアに祈りつつ、一歩目を踏み出そうと思います。




面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村
ラベル:サロン
posted by 六花(りっか) at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

Swingさん「ゴミコロリ」参加

黄色い自己存在の種の年 月の月 
(挑戦/極性を与える/安定させる 「What is my challenge?」)
3日 月齢4.73 夕月

KIN34 白い銀河の魔法使い
「銀河の」:完全性、調和させる、かたどる/「白い魔法使い」:永遠、魅惑する、受容性
「私は 魅惑するために 調和させる
受容性を かたどりながら
完全性という 銀河の音とともに
私は 永遠の出力を 確信する
私は 果てしなさ(無限)の力に 導かれる



20090825ゴミコロリ朝.jpg



今朝は、初めてスウィングさんの「ゴミコロリ」に参加してきましたぴかぴか(新しい)

スウィングさんは、知的障がい者授産施設であると同時に、NPO法人でもあります。
その「NPO法人である」ということに、役割と目的の意識を強く持ってらっしゃって、それを顕す活動のひとつとして、「ゴミコロリ」をなさっています。

では、その「ゴミコロリ」とは何か?
施設付近のゴミ拾いを、半日かけて、皆でする、という活動です。

こういうのって、出来そうで出来ないことですよねかわいい
そんな「ゴミコロリ」に、今朝、初めて参加させていただきました!

いや〜、すごいですね。
普段、「ゴミ」に注目しながら道を歩くなんて、まずしていないんだなぁ、と、強く実感しました。

ちゃんと「拾うつもり」で歩いていくと、いやぁ〜、あること、あること!
小さな紙片から、定番の空き缶(風化したものが多い!)、ペットボトル、吸い殻……。
そしてびっくりしたのは、「傘」!!!
職員さんによれば、なんとこの「捨て傘」、ゴミコロリにおける「鉄板」だそうで、必ず最低2、3本は見つかるんだそうです。
信じられます???

スウィングさんは、住宅街の中にあり、そこはまだ畑も沢山ある地域です。
それでもあんなにゴミが落ちてる。
じゃぁ、私が住んでいる街中って、どんなに沢山あるんだろう……?
そして、いつまで経っても古び汚くなっていくだけで、そこに在り続けるゴミ。アスファルトの上で、決して土には還らない。

なんだか色々考えさせられてしまいました。

家で出るゴミについての意識は、各地公体でも喧伝され、日本中で、もう相当浸透した感があります。
それは、地球環境のため。
でも、「地球環境」という巨大な大地と、自分の「家」という小さな閉じられた世界とが、意識の上ではなかなか地続きにはなっていないんだな、ということを考えたりもしました。

それが、こうして「公共の場所に落ちているゴミ」を拾っていくだけで、繋がったりするんだなぁ…。


私はそこで、捨てる個々人に憤慨する考え方は、あまりしません。
人は色々、それぞれだし、弱いものでもあります。

ただ、どこに行っても、沢山ゴミ箱がある世の中になれば良いな、と思います。(そこにはもちろん、沢山の「お金」が必要な訳なんですけど。)

シンガポールを例にとると、街中なら10m間隔くらいでゴミ箱があるイメージがあります。今もそうかな……少なくとも15年前はそうでした。
それだけあると、わざわざポイ捨てをする気にならないんですよね。あるんですもの、捨てる所が。

たとえばそんな風になれば、もっとマシなんじゃないかな……。


とか、そんなことを、色々考えました。
良い経験ですぴかぴか(新しい)

また出来れば参加したいな〜揺れるハート



写真は、ゴミコロリに行くときに、花屋さんにあったほおずき。拳大くらいの大きなものでした。
ゴミコロリ中には、大きなトンボが何匹も飛んでいたし、もう、秋なんですねぇ……。
夏ってあったのかしら。



面白いな、と思っていただけたら、ぽちっとお願いします!
人気ブログランキング
 にほんブログ村


posted by 六花(りっか) at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。