2009年12月03日

セラピストとしての私は何者なのか?

最近は、オフライフがなんだかんだと忙しく、「多忙と充実の間」といった趣です(ネタが古い?笑)


ここ数ヶ月、霧の中にいるような感覚でした。
自分は何をしたいのか。
自分は何者なのか。

現在は、「倍音の月」→「How can I best empower myself? 自分自身に最高の権限を与えるには?」という月。変容(青)の週の半ば。そして、今日(というか昨日)2日夜は満月です。今回の満月は「強力」だそうで、数日前からそのエネルギーは充溢しているとのブログ記事を読み、さもありなんと思った次第。


近頃、アロマセラピストさんと交流することが多いのですが。
あ、私みたいに色々手を広げたりしていない、アロマ一直線のセラピストさんね。

そういう方々と触れ合っていて、思うところ感じるところが沢山あります。


ここ数日でふと、「あぁ、そういうことか」と腑に落ちたことがありました。

私は、「手技療法家」でありたいのだと思います。

色々と手を広げてはいますが、主軸はあくまでもアロマテラピーなのだと思い、また考えてきました。
が、ここ数ヶ月、どうもそれではしっくり来ない自分がいました。
そこになかなか答が出せずに悶々としていたのでした。

最早、アロマは基礎的な手段でしかないのですね。私の中で。

それを起点として、ボディに対しては、あくまでも「手技療法家」でありたい。そこが到達点になっているのだなぁ、と気づいたということ。


アロマは素晴らしいものである、と断言出来ます。
それは、心身ともに、心理面精神面スピリット面にも香りが対応でき、また薬理作用も期待できるため。
そこに、トリートメントが加わることによって、筋肉・循環器にアプローチすることが可能になります。
(私はリフレクソロジーもやりますので、半ば直接的に臓腑にも対応出来ます。)

そうして揃えてきた幾つもの手段の中で、足りないものは、骨格に対するアプローチなんです、私の中で。
これは、現存するアロマトリートメントだけでは対応し切れない。
そこに、もやもやを感じていたのが、ようやくすっきりと解明できたんでした。


とにかく私は、療法家でありたい。


現在、カードと数秘を手段とするカウンセリングで、心理面、精神面へのアプローチ技術を高めていっている手応えは、確かにあります。また、今行っているそれらのツールの利用で、まだまだ可能性は見える。
今までに受けてくださったクライアントの皆様には大変感謝です。

心理面・精神面へのアプローチという意味では、以前はフラワーエッセンスをなんとしてでも学びたいと思っていました。
が、今はその思いは薄れています。
それは上述の手段で確かな実感を得られているためだと思います(もしそれで、アロマ同様限界が見えたら、また復活するかもしれない。)。

また、スピリットの部分には、エネルギーワークと天然石でアプローチ出来る。

今の私はやはり、ボディをもっと強化したい。


自分は欲張りなのでしょうか?

でも、QOLの向上には、必ず心身ともに健康であることが重要なのです。
そして、その健康には、魂・心・体のどこからアプローチしても構わないのです。全ては有機的に繋がっているのだから。

究極的には、私はやはり、そのQOL向上のサポーターでありたい。
その意味での療法家でありたい。

その思いを……一番初めにセラピストを名乗り始めた頃の思いを……今一度再確認したのでした。


一歩一歩、焦らずきっちりと、積み上げていきたいと思います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ホリスティック医療



posted by 六花(りっか) at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

「拠点」オープン

20090804ひまわり.jpg


私がアロマセラピーを学び始めたのは、2005年の5月からでした。

もともと「心」にとても興味があって、ユング派をベースとする臨床心理学を勉強していました。
その内に、どうも「心」そのものを言葉で突き詰めていくことに、壁を感じたというか、違和感を感じ始めたというか、そんな感じになりまして。

そんなときに、「体と心は連動している」ということで、「体を変えれば心も変わる」ということに気づきました。

そんな体験がひとつ。
世界観が大きく変わった出来事でした。


そしてまた、全然別の話なのですが。
独学、ですらなしに全く「学ぶ」ことなく、人様をマッサージする機会がいくつもありまして。
手が導かれていくんですね。そして相手がどんどんリクエストしてくれるくらい、気に入ってくれる。
で、自分はどうやら、こういう事が向いているらしい、と気づきました。


でも当時は「あんま師」などは私の職業選択肢に全くなく、普通に派遣OLをやってたんですね。
派遣なので、いつ契約を切られるのか、自分はいつまでここにいる気なのか、すごく悩んでは、「ケイコとマナブ」を買ったりしていました。

そういうときには必ず「癒し系」お仕事も見ていたんですが、当時の私には、アロマスクールに突然何十万もかけて行くなんて思いもよらなくて。
大体、私は「マッサージ」に興味があるのであって、「アロマセラピー」にはそれほど興味はなかったのです。

ところがあるとき、どうもその「アロマセラピー・マッッサージ」を格安で教えてくれるところがあるあらしい、と知り。確か週1回、丸4ヶ月で2〜3万円でした。
これくらいなら、受講できるな!と思い、「アロマ」よりも「マッサージ」に心惹かれて飛び込んだのが、今思えば転機でした。

過去に「アロマを学ぶ、アロマで暮らす」というブログを細々とやっていましたが、それがこの頃からのことですね。
マッサージももちろん楽しかったですが、アロマセラピーというものにもどんどんハマっていき、精油の独学などやるようになった頃の事でした。

いや〜、一通りプロコースまで修了している現在読み返すと、あのときはエネルギーあったなぁとか、こんなところで躓いていたんだな、とか、色々懐かしいです。でも、(いかんせん知識も技術もなかったですし)「アロマが好きで興味がある素人さん」の立場で、色々と模索していたんだな、という事が記録に残してあって、今じゃ書けない、有用な情報が意外に沢山あるな、と思っています。

そうしていろいろと自分で勉強してみましたが、どうも化学が難しい。
そして、解剖生理学を知りたいけれど、これもどうも独学では難しい。
で、「これだけハマってるんだから、価値はあるだろう!」と、アロマセラピースクールに入学して、どんどん授業を受講していったのでした。


学校を卒業してからは、相変わらず続けていた派遣OLの仕事の方でも芽が出てきていたので、一度そちらに全精力を傾けて注力しました。
その間中、ずっと、安定を考えるなら今のまま正社員になること、でもハートが喜ぶのは絶対にアロマであること……と悩み続けていました。

結局、そちらは私の意思に関係なく、来ていたお話がダメになり、しかし会社は止めざるを得ず、今に至ることになります。
会社の引き抜き話が潰れていく過程は、なかなか辛かったですねぇ。動揺したり傷ついたり。
でも、今は、きっとこれが天命だったんだろうな、と思います。

Divine Order。
全ては神の決められた理、ですね。

OLを辞めてからは、自営でプログラマーをやったり、アロマセラピーで出張やイベント出店をしたり、知的障がい者施設で講師をやったりしていました。

そして今回、ようやく、お店、というか、「拠点」を持てるよになりました揺れるハート
9月より、京都市はJR/地下鉄二条駅近く、NIJO poco a poco HALLさんにて、週に一度、ヒーリングサロンとして稼働します。

また、インターネットによるリーディングやヒーリングも同時オープン。

メニューや予約方法、アクセス等は、また追って、詳しく発表します。


自分の中では、「満を持して」という気持ち……ワクワクと不安とが入り交じる気持ちです。

私がやりたいのは、「"人間"をあらゆる階層で看て、QOLを高めるお手伝いをすること」。
精進しますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by 六花(りっか) at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

〜当サロンと、主宰者・六花の紹介〜

<Snow-Flow 〜流雪天花〜>
私のアロマ施術は、しばしば「エネルギーワークのようだ」という感想を頂きます。
そんな中あるとき、常連のお客様から「要らないものが、ふわぁっと溶かされ流されていった感じ」と言われたのが、サロン名の由来です。

「Snow」はもちろん「雪」で、私の本名からとっています。
「六花(ろっか/りっか)」も「天花(てんか)」もまた、全て「雪」の別称です。
そして同時に、「雪」は「雪ぐ(すすぐ)」であり、「天花」は「てんげ」と読むと「天上界に咲く霊妙な花」なのだそうです。
「雪」も「花」も名前に取り入れたかったので、こんな名前をつけてみました。

ご縁のある方、そしてまたその方にご縁のある方、そしてまた……という人間関係の連鎖の中で、それぞれにとっての「不要なもの」が、すすぎ流され、天へ昇華されたら良いな、と願っています。



<六花プロフィール>

もともと、高校時代から臨床心理学に大変興味があって、大学で学んでいました。
また、1999年より演劇活動に参加し、役者の基礎訓練として各種ボディワークやダンスなどを受講していました。
そんな中、
「心と身体はこんなにも繋がっている!」
と実感し、ボディワークにも興味を持つようになり、アレクサンダー・テクニークを受けたり、またそのワークショップを企画したりしていました。

その後アロマテラピー・トリートメント(全身及びフェイシャル)を学び、また、より内臓に直接刺激を与えられるリフレクソロジーと、着衣のまま行えるクイックトリートメントも取り入れています。
サロンで携わりつつ、お客様宅まで出張したり、上賀茂手づくり市に定期的に出店したりして、臨床経験を増やしてきました。
また、知的障がい者授産施設・NPO法人スウィング様にて、施設で作られているアロマ製品の企画・製作指導講師を勤め、また利用者様へのハンドトリートメントを行ったりもしています。


アロマテラピー・トリートメントを始めてから、何か「スイッチが入った」ようで(笑)、何も聞かなくても、身体に触れれば不調が判るようになりました。
それをきっかけに、ずっと好きで集めていたパワーストーンのエネルギーも触れれば判るようになりました。
その内に少しずつ、ストーンでも身体でも、観るだけでもエネルギーが読めるようになってきて、現在に至ります。

私の興味は常に、
「心、身体、精神、魂全ての有機体として、人を見つめ受容し、理解すること」
にあって、それが私のライフワークなのだと今は思っています。

そして、お客様の要望や必要性に応じて、あらゆる階層で出来るだけのサービスを提供したい、そう願っています。



ちなみに、趣味は「着物」。
前掛け+たすき掛けで施術をしたいくらい、着物が好きです(笑)。



「Grow Love, Grow Life!」を合い言葉に、
私から繋がる全ての方に、「愛」が育まれますように。




ヒーリングサロン「Snow-Flow 〜流雪天花〜」主宰
JAAアロマコーディネーター
知的障がい者授産施設・NPO法人スウィング アロマ製品担当講師

六花・拝

posted by 六花(りっか) at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。