2009年08月11日

ドリーン・バーチューの、オラクル・カード

ちょっとバタバタしていて、じっくりヘデラとじっくり向き合う時間が取れなかったのですが、ちょっと見てみると、生気が蘇ってる!

という訳で、パワーストーンの力を借りるのは、今のところ、上手くいってるみたいでするんるん



聖人のカード.jpgさてさて。
それはさておき。以前の私のアロマブログの頃からお世話になっている、占星術家のイリゼさん
私の密かな「生き方・マイ・メンター」なのですがぴかぴか(新しい)

そのイリゼさんのブログで、オラクル・カードについての記事が掲載されていました。


私も、イリゼさんが挙げてらっしゃる大天使オラクルカードは、対面実占でよく使います。
おっしゃっているように、意味が広く、タロットのサポートカードとして使うのに、メッセージを取り易い。
また、私は、サポートカードはクライアントに選んで頂くのですが、その時にも割と人気の高いカードなのです。
いろんな意味で汎用性が高いですね。

それに対して、私自身が、自分のことを訊くのによく使ったのは、写真のセイント&エンジェルオラクルカードの方で、一時期は非常にのめり込んで使っていました。

キリスト教がベースなので、少なくとも日本では、あまり人気のないカードのようです。
神やキリスト、聖母マリアから、キリスト教の聖人たち、守護天使までがシンボライズされていて、「キリスト教をニューエイジの視点で再構築したカード」という感じです。

こちらのカードは、そんな訳でちょっと(だいぶ?)個性的かつ厳格で、とっつきにくい、でも大きな豊かさを内に秘めたカード、という印象です。
ですが、なぜか私にはしっくり来たのでした。私が、「A Course in Miracles(ACIM/奇跡のコース)」を中核として捉えているから、というのもあるのかもしれません。

イリゼさんが以前に書いてらっしゃいましたが、「天使と繋がるにはまず天使を信じること」。
その「天使を信じる」が出来るようになったのは、このカードのお陰だと、私は思っています。
そしてまた、これのお陰でメダイに出会えたりしたこともあって、今でもとても信頼しているカードです。

自己に厳しく、独立独歩進んでいて、たまに会うと刺激をもらえる友達、のような存在ですねぴかぴか(新しい)

ドリーン・バーチューのシリーズは、最早すっかり定着しましたが、色々買って馴染んでいくと、それぞれに性格があることが判って、なかなか面白いですよ。
私は他の作者のカードも使いますが、本当に、カードって当たるんだなっ!といつも思います(笑)。

また、他のカードも、機会があれば紹介していきますね。
コレクター気質があるので、気がつくと沢山手元にあるのです(笑)




面白いな、と思っていただけたら、ぽちっ!とお願いします。
人気ブログランキング
 にほんブログ村
posted by 六花(りっか) at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。